留学の心構え

留学の目的

海外留学は海外旅行とは異なります。何を学ぶために留学するのか目的意識をしっかり持つことが大事です。 例えば、 留学先で学位をとりたい、異文化に触れてみたい、語学力をつけたい、もっと話せるようになりたい、語学を活かして就職活動をしたい、グローバル企業で働きたいなど、しっかりとした留学の目的を考えてください。

留学の計画(時期・期間)

卒業までの計画をしっかり立てましょう。必要な単位を修得して計画通りに卒業ができるか、就職活動をいつから始めるのか、就職内定後に会社の事前研修などがある場合留学期間と重ならないか等、いつ、どのくらいの期間で留学するのがベストなのか事前によく考えてください。

留学の国・大学

希望の留学先大学が、自分にとってふさわしい国、大学、研修内容なのか、しっかり調べてみましょう。例えば、 宿舎はホームステイか、授業クラスは日本人クラスかインターナショナルクラスか、現地の物価は高いのか安いのかなど、事前によく調べてください。

留学の費用

留学に関わる費用について、経済的な負担が可能かどうか検討しましょう。

  • 授業料

  • 宿舎費

  • 教材費・予防接種代等の諸費用

  • 渡航費

  • 海外旅行保険

  • 査証(VISA)申請料金

  • 査証(VISA)申請書類に必要な残高証明書

  • 現地での生活費・お小遣い(物価について調べてみましょう)

健康管理

健康環境の変化(食生活・住まい等)に適応できるよう、心身ともに健康な身体つくりを心掛けましょう。また、事前にかかりつけの医師と相談し、常備薬を準備してください。また、歯科治療は海外旅行保険ではカバーされない場合が多いので、留学前に済ますようにしてください。

語学力

長・中期留学の場合は応募資格に語学スコアの条件が課されています。余裕を持って希望する留学先の条件をクリアできるよう準備をしましょう。また、短期留学の場合は、基礎的な語学力を身につけ、必要最低限のコミュニケーションがとれるように自己学習に努めてください。

情報収集

留学先大学の教育、学生生活、医療サポート、治安等について、インターネット等で情報を集めましょう。また、日本事情、日本文化等について発表ができるよう予備知識を蓄えておくと、クラスでの発表や友達作りに役に立ちます。

異文化理解

異文化体験への積極的に取り組んでいく姿勢を持ち、相手国の政治、経済、文化、社会などに強い関心を示し、何事にも積極的に働きかけていくような強い意志を持ちましょう。

海外派遣留学プログラム
20か国59コース