留学先

タイ モンクット王ラカバン工科大学
King Mongkut's Institute of Technology Ladkrabang
短期留学: 夏季 短期留学:冬季

大学紹介

留学先 King Mongkut's Institute of Technology Ladkrabang
HP http://www.kmitl.ac.th/
大学概要 創立1965年 学生数25,229人 教職員数2,188人
学部
工学部、理学部、建築学部、情報通信学部、産業教育学部、農業技術学部、 農業産業学部、教養学部
特徴
モンクット王ラカバン工科大学の工学部はタイトップクラスの実力を兼ね備えています。多くの卒業生がタイ国内の日系企業に勤めており、在タイの日系企業からも良い評価を受けています。また、東海大学との協力関係がおよそ55年にも及ぶ大学でもあり、過去には東海大学を卒業したタイ人留学生が、3代続けてこの大学の学長を務めていました。大学校内には、東海大学の事務所が設置されています。

宿舎

学生寮を利用します。大学校内に、男女に分かれて寮があり、通常1室2名ですが、場合によっては、6名1室となることもあります。各部屋にトイレとシャワーがあります。寮の近くには、大学の食堂、セブンイレブンもあり、便利な立地です。

食事

大学食堂、大学周辺の屋台・レストラン等を利用

宿舎の写真

募集内容

ラボトレーニング(大学院生):夏季出発

募集人員 10名
留学期間 約1か月
研修内容 研究(工学研究科)/日本語授業のTA(文学研究科)
講座内容 工学研究科の学生は各研究室に配属をされ、配属先の教員(もしくは博士課程の学生)の指導を受けながら、各々の研究を進めていきます。また、研究室によっては、タイ国内の学会出席、研究所の見学などが組み込まれることもあります。 文学研究科の学生は、主に日本語のティーチングアシスタントとして、日本語学科の学生へ日本語の会話の指導などを行います。
付与単位 なし
応募条件 工学研究科、文学研究科日本文学専攻(日本語教育学コース)の大学院生が対象。参加には各研究科からの推薦が必要です。
査証手続き 不要
備考
募集は各研究科で行います。

留学費用

費用内訳(参考)

指導料

免除

宿舎費

免除

渡航費 ※1
往復の航空運賃

約10万円

奨学金制度

なし

大学周辺地図

ラボトレーニング(学部生):冬季出発

募集人員 9名
留学期間 約1か月
研修内容 研究(学部によって異なる)
講座内容 理工系の学生は各研究室に配属をされ、配属先の教員(もしくは博士課程の学生)の指導を受けながら、各々の研究を進めていきます。また、研究室によっては、タイ国内の学会出席、研究所の見学などが組み込まれることもあります。文系の学生は、分野によって研修内容が異なりますが、主には教養学部日本語学科もしくは英語学科の教員の指示に従い活動を行います。日本語のティーチングアシスタントやバンコク市内の見学などが組み込まれます。
付与単位 なし
応募条件 教養学部、理学部、情報理工学部、工学部、情報通信学部の学生が対象。参加には各学部からの推薦が必要です。
査証手続き 不要
備考
募集は各学部で行います。

留学費用

費用内訳(参考)

指導料

免除

宿舎費

免除

渡航費 ※1
往復の航空運賃

約10万円

奨学金制度

なし

大学周辺地図

タイボランティア研修:冬季出発

募集人員 15名
留学期間 約2週間
研修内容 学生交流活動(全学部対象) 
講座内容 モンクット王ラカバン工科大学のチュンポーンキャンパス(タイ南部)に滞在し、自然保護活動や農業活動に従事します(年度によっては、チュンポーンキャンパス内に、簡単なスポーツコートなどを建設する場合もあります)。また、チュンポーン県の王室プロジェクトや県立の博物館などの見学も行います。
付与単位 なし
応募条件 国際ボランティアに興味のある者。
査証手続き 不要

留学費用

費用内訳(参考)

研修料

免除

宿舎費

免除

渡航費等 

約12万円

奨学金制度

なし

大学周辺地図

タイボランティア研修に申込む場合は、必ず「留学要項」を熟読してください。

※募集内容は諸事情により変更となる場合があります。

アジアエリア|その他の大学の留学体験記

海外派遣留学プログラム
20か国59コース