私費留学

大学の海外派遣留学プログラム以外にも、自分で留学先を探して留学することも可能です。長期または中期で留学をする場合は、空セメにするか休学にするか選ぶことができます。以下に記載された内容を確認し、自分の計画にあった留学を進めてください。なお、夏季休暇、春季休暇中に留学する場合は、休学する必要はありません。

空セメ中の留学

  • 留学先、時期、期間、内容等、自分の予定や語学レベルに合わせて自由に選択することができます。

  • 留学先の情報収集、決定は斡旋業者等を通して、学生自身で行います。

  • 留学の手続き、ビザ申請などは、すべて学生自身で行います。

  • 事前の申請で許可された場合は、単位認定が可能です(語学学校は不可)。

単位認定を希望する場合の手続き

  • 「国際教育センター事務室」または「教務課(分室)・教学課」に相談する。また、自分の所属する学科の「指導教員」にも必ず相談する。
  • 「教務課(分室)・教学課」に以下の書類を提出する。(留学の3か月前まで)
    ①単位認定事前確認書
    ②留学先大学の概要
    ③留学の日程及び授業計画書
    ④「履修無登録届」
  • 国際教育委員会での審査により許可された場合
    ▶︎「私費留学願」「誓約書」を「教務課(分室)・教学課」へ提出する。
  • 帰国後、直ちに次の書類を提出し、「留学の終了」と「単位の認定」の手続きを行う。
    ①「留学終了届」
    ②「帰国報告書」
    ③「コース修了書」(ある場合のみ)
    ④「成績証明書」
    ⑤単位取得した科目のシラバス
    ⑥「履修科目および時間数確認証」(単位認定方法の詳細は「教務課・教学課」に問い合わせのこと)

単位認定されない(希望しない)場合の手続き

  • 「国際教育センター事務室」または「教務課(分室)・教学課」に相談する。
  • 学科の「指導教員」に相談する。
  • 「教務課(分室)・教学課」に以下の書類を提出する。
    ①「誓約書」
    ②「無履修登録届」

注意事項

  • 留学中でも本学の学費を納入する必要があります

  • 本学に在籍していることになり、セメスターは進行します(在学期間に含まれる)。

  • 以上の理由から、入学から4年間で卒業できる可能性があります。

休学中の留学

  • 留学先、時期、期間、内容等、自分の予定や語学レベルに合わせて自由に選択することができます。

  • 留学先の情報収集、決定は斡旋業者等を通して、学生自身で行います。

  • 留学の手続き、ビザ申請などは、すべて学生自身で行います。

  • 事前の申請で許可された場合は、単位認定が可能です。

単位認定を希望する場合の手続き

  • 「国際教育センター事務室」または「教務課(分室)・教学課」に相談する。
  • 学科の「指導教員」に相談する。
  • 「教務課(分室)・教学課」に以下の書類を提出する。(留学の3か月前まで)
    ①【空セメ休学中】単位認定事前確認書
    ②留学先大学の概要
    ③留学の日程及び授業計画書
    ※国際教育委員会にて審査を行います。
  • 「休学願」、「誓約書」の提出。
  • 帰国後、以下の書類を提出。
    ①「復学願」
    ②履修科目及び時間数確認書
    ③「成績証明書」
    ④単位取得した科目のシラバス

単位認定されない(希望しない)場合の手続き

  • 「国際教育センター事務室」または「教務課(分室)・教学課」に相談する。
  • 学科の「指導教員」に相談する。
  • 「教務課(分室)・教学課」に以下の書類を提出する。
    ①「休学願」
    ②「誓約書」
  • 帰国後「復学願」を提出。

注意事項

  • 留学中の本学への学費の納入は「授業料の半額」が必要です(通常の休学と同様)。

  • 休学扱いになることからセメスターは進行しません(休学した期間は、在学期間には含まれません)。

  • 以上の理由から、入学から4年間での卒業はできません。

日本スタディー・アブロード・ファンデーション(JSAF)について

一般財団法人日本スタディー・アブロード・ファンデーションは、米国64校、カナダ2校、英国11校、アイルランド3校、オーストラリア2校、ニュージーランド1校、スペイン1校、イタリア1校、フランス1校、南アフリカ1校、国際教育4団体と協定締結をしている、留学斡旋機関です。

本学とはパートナー協定を結んでおり、多くの学生が同機関を利用して私学留学をしています。
JSAFプログラムについての詳細はこちら

海外派遣留学プログラム
20か国59コース