在留手続き

在留期間の更新

在留期間の更新は、在留期限満了の3か月前から申請可能です。必要書類は、所属、国籍によって異なりますので、事前に確認し早めに準備するよう心掛けてください。

資格外活動

授業に支障のない範囲内でアルバイトを行う場合は、入国管理局から資格外活動の許可を得る必要があります。許可されると、「資格外活動許可証印シール」がパスポートに貼付され、アルバイトなどを開始することができます。原則、交換留学生のアルバイトは禁止です。別科日本語研修課程の学生は、担任の先生の許可を事前に得てください。なお、東海大学と契約のうえTA(ティーチングアシスタント)、RA(リサーチアシスタント)、留学生チューター及び研究・実験補助に係るアルバイトを行う場合は、資格外活動許可を申請する必要はありません。

<資格外活動許可時間>
・授業期間:週28時間以内(研究生・聴講生は14時間以内)
・長期休暇期間:1週間で最大56時間(8時間×7日間)です。

一時出国と再入国許可

「留学ビザ」の学生が、日本を出入国する場合、1年以内であれば「再入国手続き」は必要ありません(この制度を「みなし再入国許可」と言います)。出国の際には、
①在留カードを提示
②出国手続きの際に「再入国」の欄にチェック
を行ってください。なお、みなし再入国許可で出国した人は、その有効期間を海外で延長することはできません。在留期限が出国後1年未満の場合は、その在留期限までに再入国してください。

留学生(卒業予定・卒業生)のビザについて

卒業までに在留期限が満了する場合

卒業までに在留資格「留学」の期限が満了する方 は、「短期滞在」への資格変更または「留学」での期間更新を行う必要があります。なお、資格活動許可が引き続き必要な場合は「留学」での期間更新が必要です。

就職先が内定した場合

留学生の皆さんが日本において就職する場合には、「留学」の在留資格から「人文知識・国際業務」や「技術」など、就労が可能な在留資格に変更する必要があります。詳細は法務省 HP で確認してください。

卒業後に引き続き就職活動をする場合

卒業までに就職が決まらなかった場合、「留学」から「継続就職活動のための特定活動」へ在留資格を変更することで、大学卒業後に引き続き、日本に残って就職活動を続けることができます。在留期限は6か月で、一度だけ更新が認められます(最大で1年間)。

移籍・離脱等について

卒業、退学等で、東海大学を離れる場合(帰国や他大学に進学)は必ず大学へ移籍または離脱の届出を行うようにしてください。

注意:以下のフォーマットには湘南校舎の住所が入っています。湘南校舎以外の学生は自分が所属している校舎の住所に変更した上でお使い下さい。

在留制度について

詳細は入国管理局作成のパンフレットにてご確認ください。

また、各種手続き等、入国管理局のHPでご確認ください。

入国管理局へ代理申請

在留期間の更新、資格外活動許可等の在留手続きの際、一部の校舎では代理申請を行っています。