留学生支援

東海大学では、2016年10月現在、世界43カ国、780名以上の留学生が、別科・学部・大学院で勉強しています。 留学生が安心、安全、快適なキャンパスライフを過ごせるよう、さまざまな支援を行っています。

奨学金/Scholarships

留学生を対象として大学が選抜する大学独自の奨学金制度があります(別科生は対象外)。また、学外の奨学金としては、国の予算で行っている日本学生支援機構の奨学金のほか、地方公共団体や一般団体が設けているものがあります。
>詳しくはこちら
>English

授業料減免制度/Tuition Exemption

東海大学では留学ビザの私費留学生(学部生と大学院生が対象)に対して、授業料の20%の減免措置を行っています。減免の可否については学内での厳正な審査の上で決定します。
>詳しくはこちら
>English

チューター制度/Tutorial Program

学部の1年次と2年次の留学生を対象に、同じ分野の大学院生が個別に生活や、学習面等の指導・援助を行い、留学生の学習の向上を図る制度です。
>詳しくはこちら
>English

寮・住居/Student Housing

別科日本語研修課程の留学生及び交換留学生には、安価で住める留学生寮を用意しています。 また、学部、大学院の留学生に対しては、大学近隣のアパートを紹介しています。
>詳しくはこちら
>English

礼拝室とハラールフード/Prayer Room & Halal Food

湘南校舎の2つの食堂では、数多くのハラールメニュー(チキンケバブやチキンビリヤニ、バターカレー、チキンを使ったハラールカレーなど)を販売しています。その他のメニューにおいても成分表を表示しているので安心して、メニューが選べます。
また、湘南校舎15号館5階には、男性用、女性用のお祈り室があります。
>English

健康管理/Health care

毎年、全学生に健康診断を実施し、病気の早期発見や健康の保持促進に努めています。医学部附属病院と連携を図りながら、医師(内科医、精神科医)、保健師、カウンセラーなどの専門スタッフが、学生の心身のケアを行っています。また、心と身体に関する相談、人間関係の悩みなど、学生生活で生じる様々な問題を解決に導くための支援も行っています。
>English

就職支援/Employment Support

留学生に対して、特別な就職支援を実施しています。例えば、「留学生対象就職ガイダンス」では日本の就職活動の現状やこれからやるべきことを説明し、就職活動に向けての準備が整うようサポートしています。また、夏休みに実施している「留学生対象インターンシップ」は、日本企業での就業体験を通じての職業理解、将来の方向付け、就職や就職活動に向けた動機付けを図る良い機会となります。 湘南校舎のキャリア就職課のオフィス内には「留学生コーナー」を設置し、就職情報を掲載する等、常に留学生向けの情報発信を行っている他、進路相談や履歴書の書き方、模擬面接を実施しています。
>日本学生支援機構
>English

留学生課程/Supplemental Programs

学部の留学生のために「留学生課程」を用意しています。学部入学後に必要な日本語教育科目(レジメの作り方、レポートの書き方、プレゼンテーションの方法、手紙の書き方、スピーチ原稿の書き方、就職のための日本語表現)や現代日本を知るための「世界と日本」「日本の文化と社会」等の教養科目を設置しており、単位取得が可能です。

キャンパスライフエンジン

東海大学では学生専用サイト「キャンパスライフエンジン」を用いることにより自宅のパソコンやスマートフォンで、奨学金や休講等の情報をチェックできます。
なお、あらかじめメールアドレスを登録しておけばこれらの情報を自動的に受信することも可能です。

※キャンパスライフエンジンへのメッセージが個人のEメールアドレスに転送されるよう設定してください。
<設定方法>
学生ポータルサイト→ メッセージ転送設定→ メールアドレスを入力

修学支援

東海大学では、学生一人ひとりに指導教員がつき、学修上、生活上の悩みに答える支援体制をとっています。留学生の場合、修学状況が在留許可更新に大きく影響しますので、指導教員と国際教育センター事務室が連絡を取り合いながら、学生の修学指導にあたっています。

海外研修航海費用減免制度

他大学にはない特色ある教育活動プログラムのひとつが、「海外研修航海」です。この研修プログラムは、1968年以来、毎年、実施されており、東海大学所有の海洋調査研修船「望星丸」(2,174トン)に使用して諸外国を訪問しました。毎年、留学生も参加し、有意義な研修を行っています。参加費用450,000円が、留学生は270,000円(2016年度実績・燃料サーチャージを込み)に減額されています。

入国管理局へ代理申請

在留期間の更新、資格外活動許可等の在留手続きの際、一部の校舎では代理申請を行っています。
>在留手続きについてはこちら